屋根外壁 雨樋 サビナシルーフ(亜鉛合金板)立てハゼ仕様の住宅。(過去の工事例) @横浜市旭区 柏町

横浜市 旭区 柏町にて サビナシルーフ(亜鉛合金板)を使用した際の住宅。 屋根 外壁 入り口廊下 軒天 立てハゼ仕様、製作 軒樋、縦樋。

サビナシルーフは亜鉛無垢板に鋼板を裏張りした合金で、高耐久で高価ですが 初期の グレーな色調から、経年変化で青黒くなり、銅板同様、金属無垢板の独特の色調の変化を楽しめます。 亜鉛板の酸化被膜(パテナ層)は緻密で、 50年以上 メンテナスフリーで 保持 できます。

ヨーロッパ 、フランス ドイツでは相当に 使われていて、 古代より 亜鉛板を使う文化があります。パリの住宅の屋根がグレーなのは 亜鉛板が使われているからです。 100年 保つ 高耐久と言われています。 初期投資は 少しありますが 、塗り替えの必要がなく 必ず、 回収 できます。長年経っても 美観が良く推奨できる 魅力的な屋根材料です。 すごく お勧めです。

屋根 立てハゼ葺き 外壁 立てハゼ張り 製作軒樋 縦樋。三井金属鉱業 サビナシルーフ SR-SZ t=0.6mm (過去の工事例)